コンセプト

バウハウスのつくる住まいを「簡単解説」します。 仕様・住宅性能

エアコン1台で全館空調をおこなうには、断熱性能と気密性能が重要なポイントとなります。弊社では、建物の外側を断熱材ですっぽりと覆う「外断熱工法」を採用。一般住宅の「充填断熱工法」と違い、長期に渡り高い断熱性が維持できます。 また、防湿性が高く、面材にアルミ箔を採用した断熱材を使用することで日射や放射冷却の影響を受けにくく熱損失が少なくなります。建物が魔法瓶の状態になるため、部屋間に温度差が無く、結露*も生じません。
*24時間計画換気によって、2時間で1回、家じゅうの空気が入れ替わり、常にきれいな空気環境を保ちます。このため生活臭や結露が生じません。

 

気密性能を示す「C値」は、平均値0.15。外気の侵入がほとんどなく断熱性能が高く発揮されます。弊社がつくる床面積40坪程度の家であれば、熱源5KW程度(一般住宅の17~18帖用の熱源)で十分なので、エアコン1台で夏も冬も快適に過ごすことができます。温度差がほとんどないためヒートショックなどの家庭内でおこる不慮の事故を防ぎます。高気密なため換気機能も十分に働きます。

また、基礎部分にも断熱材を施工し床下の温度環境を一定に保ちます。そのため真冬でも「床暖房ですか?」と聞かれる程床が冷たくありません。不同沈下に対して安全性が高いベタ基礎を全棟に採用しています。

 

 

 

 

次世代省エネ基準を大きく上回る高性能エコ住宅

バウハウスでは建築物エネルギー性能表示制度(BELS)の評価を全棟受けています。
建築物の省エネ性能を表すBEI(設計一次エネルギー消費量)は★5つと最高数を取得し省エネルギー性の高い建物であると第三者機関より評価されています。
バウハウスの家ではエアコン1台で全館冷暖房が可能ですから、自ずと光熱費の低減につながります。貝塚モデル住宅では暖房時期で月12.000円程度、冷房時期で月8.000円程度と一般住宅の1部屋相当分の光熱費で賄うことができます。

 

高性能サッシ採用によるハイスペック住宅

建物で熱の影響を受けやすい開口部にも着目し、トリプルサッシを採用。光を入れて熱を逃がさないLow-eガラスは圧倒的な断熱性能で暖房時の熱の流出や冷房時の熱の侵入を抑制、電気使用量やCO2排出量を大幅に低減します。その他、遮音・水密・耐風圧性能にも優れ、一年を通して快適な室内環境を実現。アルミと樹脂のハイブリッド窓でありながら、樹脂窓と同等の断熱性能を実現した高性能サッシです。不快な結露を抑えて、カビ、ダニの発生を抑えます。

 

 

地盤調査の結果を受け必要な場合は補強を施します。在来工法と2×4工法の長所を取り入れた柱と面で支える軸組壁工法です。骨太の柱梁と構造用面材の組み合わせで強固な構造としました。土台・柱・梁は強度に優れ、無垢材に比べ、狂いや痩せの少ない集成材(エンジニアリングウッド)を採用しています。接合部は断面欠損の少ない金物接合(クレテック金物)で骨組みをを傷めず、しっかりつなぎます。自社判断だけではなく第三者機関による構造検査を実施します。

MORE ARTICLE

バウハウスオープンメニュー