2018.09.06

グルメにビンゴ!

 こんにちは。バウハウスの三品です。天気の方は相変わらず猛威をふるっています。いつになったら落ち着くのか?気になる処です。
金足農フィーバーで盛り上がった今年の甲子園、選手が全員地元、しかも効率の農業高校という異色のチーム、
あらに秋田の学校ですから、東北生まれの私としても十分たのしませていただきました。今年こそ優勝旗が白河の関を越えてほしいと願いましたが、いかんせん相手が強すぎましたね。
さて、今年の夏も恒例の様に青森のねぶたに出かけました。いつもは旅のテーマらしきものを決めて事前にルートや宿の手配をするのですが、今年はメンバーも決まらず、日程が決まったのは出発の直前でした。そのため宿の手配もままならず目当ての宿は何処も予約がいっぱいです。そんな状況でみつけた鳴子温泉の宿、売りは食事、宮城の海鮮バイキングです。この手の食べ放題、まずくはないがおいしいと思ったためしがなく、そんなに期待していませんでした。しかし結果は予想が見事に外れビンゴだったのです。刺身などの海鮮は一人前ずつ丁寧に器に盛られ、見た目もおいしさを感じましたし、ほかの料理も同様でした。ついつい食べ過ぎ、腹いっぱいになったのは言うまでもありません。
朝食も同様で食べ過ぎです。その日はお昼を抜いて、夕食は青森の新鮮な寿司をごちそうになりました。実は今回の旅、これといった目玉が無かったのでひそかに食事だけはこだわろうと思っていたのでした。そんなことで、初日は仙台老舗の牛タンをたらふく食べました。温泉宿の海鮮は予想に反しビンゴだったので、帰り道の食事も、遜色のないものを食べようと選んだのが「うに丼」。場所は南三陸のさんさん市場。さすがにほんばの旬のうに丼、おいしいの一言につきました。鳴子のバイキング、三陸のうに丼、また行きたい・・・。

MORE ARTICLE

バウハウスオープンメニュー